2020年01月29日

『美の滋賀BACKSTORY2020』を開催します!

2020年2月15日、守山駅前にある「チカ守山」のイベントスペースに、県内各地で取り組まれている“美の滋賀”が一堂に会します!

美の滋賀BACKSTORY2020チラシ

映像上映会 12:00~13:30

おうみ映像ラボ
おうみ映像ラボ 8ミリフィルム映像上映会
地域に残る古い映像を発掘し、みんなで共有する活動続けてきた『おうみ映像ラボ』の上映会です。
今回上映されるのは木之本町出身の美術教師・田辺宗一郎氏が生涯で撮り貯めた8ミリフィルムをデジタル化したものです。

2019年11月10日の上映会でも評判の良かった作品です。
湖北の素敵な景色、ひと、おこないを、木之本町町並み研究会の西村さんの語りと共に紹介します。

上映会の後半には、本物の8ミリフィルム映写機にて投影する映像も楽しめます!
ながらの座・座
ながらの座・座 「身・水・湖─ゆらぐ境界」記録映像上映
2019年秋に『ながらの座・座』で開かれた、3回シリーズのワークショップの様子をまとめた映像です。
ジャワ舞踏家・佐久間新さんとともに、参加者らが“水”を手掛かりに、自分と向き合う様子を記録した映像上映会です。

ワンスラッシュ
『Rice is Comedy』プロモーションビデオ上映
”ゲリラ炊飯”で話題の兼業農家集団『ONESLASH』のプロモーションビデオの上映会です。

軽快な音楽の中、のどかな農作業風景をする人の姿。よく見ると、作業着ではなく看護師の制服にスーツ姿?

滋賀県は兼業農家数が日本一。「滋賀の農業の美は我々兼業農家が支えている」そんな誇りを胸に、全国の兼業農家のみなさんに向けてエールを送る動画です。

展示作品紹介トーク 13:40~14:10

アールブリュット作品
イベント会場には、現代アートやアールブリュット作品が展示されます。
展示作品や昨秋長浜の街中で開かれた『グラスアート展in長浜』をアーカイブしながら、“アート×日常”をテーマにトークセッションします。

登壇いただくのは「湖北のアールブリュット展推進会議」と「成安造形大学キャンパスが美術館」、「グラスアート展in長浜」のみなさん。それぞれ、ひらかれた場所での展示を続けておられます。
2019年度の展示内容や活動を通して見えてきたアートと日常の可能性について深く掘り下げます。

講座&トークセッション 14:20~16:00

長浜ローカルフォト
14:20からは長浜の暮らしやまちの人、地域の元気な姿を“写真”を通じて発信する市民団体「長浜ローカルフォト」のメンバーが登場!

これまでに撮りためた写真を披露してもらいながら、“街の撮り方”について迫っていきます。
観光で訪れるだけではわからない“素の長浜”をとらえた写真もぜひお楽しみに。

星と祭復刊プロジェクト

その後は、井上靖の絶版本『星と祭』を復刊した「『星と祭』復刊プロジェクト実行委員会」によるトークショーです。
観音ガールでもある對馬さんが、星と祭の舞台を中心に湖北の観音文化を紹介してくれます。

イベントの締めくくりは美の滋賀の専門評価員でもあるアサダワタル氏、大澤寅雄氏のゲストトーク。
県内だけにとどまらず、全国各地の文化事業やアートプロジェクト等に関わってこられたおふたりが“文化芸術と社会”をテーマにフリートークします。どんな話題が飛び出すかは当日のお楽しみ。

商店街のたのしみ展も同時開催!!

当日は、同じ会場で『商店街の楽しみかた展』も開催中。
近江女子商人マルシェや謎解きイベントで盛り上がります!

ぜひ会場へお越しください。

2020年01月29日 | Posted in R1 美の滋賀事業 | | No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です